作業員

相談することが大切|恐怖のハチは退治をしよう

粘着シートを使おう

ネズミ

ネズミ駆除で粘着シートを設置するとき、その周辺に新聞紙を敷くことで効果を上げることができます。また粘着シートならばネズミの死体を回収することができ衛生的であるため、ネズミ駆除の方法として人気となっています。

More...

建物の寿命も延びます

はと

鳩による被害は、単に建物の外観を損なうだけでなく、菌による健康被害の可能性もある為、楽観は出来ません。個人で行う対策もある程度は可能ですが、施工精度の問題で効果が上がらない場合もあるので、業者に依頼して駆除を行った方が安心かつ確実です。

More...

危険な昆虫

蜂の巣

アシナガバチは刺激をしなければ攻撃してくることはありません。それに対してキイロスズメバチは、性格が凶暴で、近くを通っただけでも攻撃してくることがあります。アシナガバチの巣を襲うこともあります。ハチ駆除は個人で行うと危険があるため、知識のある専門業者へ依頼した方が良いです。

More...

自治体と煙と超音波

蜂

まずは自治体に連絡を

自宅にできたハチの巣を退治するときは、個人で行うにしても業者に依頼するにしても、まずは自治体に連絡しておくのが良いです。なぜならば、自治体によってはハチの退治に力を入れているところもあり、支援を得られることも多いからです。例えば、個人で行うにしても防護服の貸し出しを無料でしてくれるところがあります。また業者に依頼するときも料金の一部を補助してくれる自治体も少なくありません。なぜ自治体が支援してくれるかというと、たとえ個人宅に巣ができたとしても、その周囲の住宅にもハチの影響を及ぼすことがあるからです。つまり、ハチの巣は地域の問題として退治することとなります。そのため自治体でも積極的に支援しているわけです。

超音波や煙を使うことも

その退治する方法は基本的に殺虫剤とビニール袋と棒を使うのが一般的です。まずは殺虫剤で外に飛び回っているハチを殺してから、棒を使って巣を剥ぎってビニール袋に詰め込みます。さらに、巣の奥に潜んでいる幼虫や女王蜂なども殺虫剤で殺していくわけです。また作業をさらに安全でスムーズに行う方法として、巣を剥ぎ取る前に煙や超音波を使ってハチを弱らせることもあります。それは25cm以上の大きな巣で使われる手法です。大きい巣になると殺虫剤だけでは照射できる範囲が狭いため、飛び回るハチを駆除することはできません。そこで大きな範囲で影響力を出せる煙や超音波を活用するわけです。その方法は個人で行うのは難しいため、業者に依頼するのが一般的です。